1. TOP
  2. オーストラリアAmazon 無在庫輸出

オーストラリアAmazon 無在庫輸出

無在庫輸出での発送方法

無在庫輸出では、お客様から注文が入った後に
商品の手配、発送を行います。

FBAと違い、発送はご自身でやる必要があります。

 

オーストラリアへの発送は郵便局をメインで使用します。

 

メインどころだと、オーストラリア向けでは以下の評価です。

【EMS】国際スピード郵便
配送速度: 早い(4日以内には到着)
配送料金: めっちゃ高い
追跡有無: 追跡可能

【AIR】航空便
配送速度: 早い(5-12日)
配送料金: そこそこ
追跡有無: +410円で追跡番号の付与が可能

【SAL】エコノミー航空便
配送速度: 遅い(2-4週間)
配送料金: 安い
追跡有無: 不可

【eパケット】
配送速度: 早い(5-12日)
配送料金: そこそこ
追跡有無: 可能

【eパケットライト】
配送速度: そこそこ(10ー14日)
配送料金: そこそこ安い
追跡有無: 可能

 

 

細かい数字は郵便局のHPを見てください!

http://www.post.japanpost.jp/int/charge/list/normal2.html

 

 

オーストラリアは追跡がつかない

上記の【AIR】と【eパケット】は追跡番号の付与が可能です。
ただ、オーストラリア国内での追跡は出来ません。

つまり、日本の空港を出発した後は
どこにあるのかが分かりませんw

追跡番号自体は付与されるので、購入者にとっても
一定の安心感は出ますがおすすめはしていません。

 

また、【EMS】での配送は追跡可能ですが料金が高いです。。。
http://www.post.japanpost.jp/int/charge/list/ems2.html

 

 

eパケライトがおすすめ

つまり、料金がそこそこ安く追跡可能な発送方法は
eパケライトのみになります。

http://www.post.japanpost.jp/int/service/epacketlight.html

 

最近は全国の郵便局でも取り扱い可能になったので、
だれでも利用できますね!!

 

追跡を付けないのも一手です

まぁ、追跡をつけると410円の手数料が掛かってきます。

 

ですので、

多少のリスクを背負っても利益を出したい!!
もしくは
その分を安くお客さんに提供したい!!

 

という方は、追跡をつけずにSALなどで送りましょう。

送料だけで1000円くらい変わると思います。

 

 

関税の取り扱いについて

無在庫販売で忘れてはいけないのが、関税の問題です。

 

商品発送後、現地の荷受け時に関税等の請求が発生することがあります。

 

アメリカでは購入者持ち。欧州では販売者持ちです。
オーストラリアも欧州と同じですね。

 

オーストラリアや欧州では販売価格に関税を入れておく必要があります。

 

 

言い方がおかしいかもしれないですが、

既に商品購入時点で関税を払っているので
2重払いになってしまいます。

 

だから、販売者負担です。

 

 

ただ、オーストラリアではよっぽどの金額でなければ課税されません。

>>>>>
オンライン・ショッピングで海外から購入された物品は1000豪ドル未満について、
関税もGSTも課税されません。

購入品が1000豪ドル以上の場合はImport Declarationを記入し、
関税・GSTを支払う必要があります。
>>>>>

 

だいたい8万円以下であれば課税されないので、
安心しましょう( ̄∇ ̄)

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

物販なびの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

物販なびの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kurofune-blog

この人が書いた記事  記事一覧

  • AU Amazon 招待メールが来てから

  • オーストラリアAmazon 無在庫輸出

  • Amazonオーストラリアのセラーアカウント作成方法

  • オーストラリア向け 現地の銀行口座を作成する方法

関連記事

  • ebayのリミットアップ方法と審査基準とは

  • 中国輸入で簡易OEM商品を作成するうえで商品説明書を作成する裏技

  • 転売ビジネスに付きものの在庫リスクについて

  • eBayの登録方法

  • モノレートで商品ランキング・価格を調べて仕入れに生かす方法

  • 中古商品の電脳せどり